COLUMN

【女性の身体】産後の女性の体に起きる変化とは?Vol.2

By 2021年10月9日10月 12th, 2021No Comments

 

こちらの続きをお伝えして参ります。

 

骨盤、仙骨について

骨盤は前傾(ニューテーション)後傾(カウンターニューテーション)という動きがあり、仙骨も同じく前傾、後傾の動きをします。

一般的に言われているのが、骨盤を前傾させる筋肉は脊柱起立筋腰筋大腿直筋で、

後傾される筋肉はハムストリング大臀筋腹直筋があげられます。

 

産後腰痛の定義としては、症状がはっきり特定できる脊柱管狭窄症やヘルニア、分離すべりなどの重篤な疾患以外の腰痛を指します。

 

腰痛の85%以上が画像検査(レントゲンやMRI)で特定不可です。

 

産後腰痛はコアをどれだけ固められるかが重要になってきます。

 

コアを強くする為に鍛えたいのが横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群で、コアがしっかり固まっていれば骨盤の安定にも繋がります。

 

そのため、トレーニングに加えてきちんとした呼吸も身につける必要があります。

 

では、
具体的なトレーニング方法は?
どのような呼吸法を身に付ければよいのか?

現場にて直接お伝えさせていただきますので、どうぞお問い合わせくださいませ。