COLUMN

クレアチンを摂ろう!

By 2022年3月22日No Comments

トレーニングをしている人なら聞いた事があるであろうクレアチン。今回はクレアチンについて解説していきたいと思います。

世の中にはあまり効果を実感できないサプリメントは数多く存在しますがクレアチンに関してはなんと8割の人が効果を実感するというデータがあります。

 

 

クレアチンの役割

人間がエネルギーも元となるATP(アデノシン三リン酸)からリン酸がひとつ外れた時におおきなエネルギーを生み出すのですがリン酸がひとつ外れたADP(アデノシン二リン酸)の状態になるとリン酸をひとつ持ったまま存在するクレアチンからリン酸をひとつもらってまたATPになり、またエネルギーを作ることができます。

 

 

高強度のトレーニングにこそクレアチンを

エネルギーを作るのには順番がありまず最初は今説明したATPからリン酸が外れることでエネルギーを生み出し、クレアチンから再度リン酸をもらってATPを作るというのを繰り返しますがこのエネルギー生成方法は長続きせず約6~8秒程度で終わってしまいます。

その次にエネルギーを生み出してくれるのがグリコーゲンでこのグリコーゲンがATPを生み出してくれる為の材料となってくれて約2~3分程度続きます。

そして最後に脂肪をエネルギーの材料にして長時間の運動を可能にしてくれますがエネルギーを素早く作ることができないのでパワーはあまり出せなくなってしまいます。

トレーニング最初の爆発的なパワーを出すためにはやはりクレアチンが必要になってくるということですね。

 

中和作用

トレーニングがハードになればなるほど筋肉内には老廃物がたまり、その老廃物や疲労物質によって大きなストレスを受けるのですが筋肉の発達にはこのストレスは大切になってきます。

ですが長時間このストレスを受けていると筋肉疲労を起こしてしまいトレーニングの継続が難しくなってしまいます。そこでクレアチンを摂取すると筋肉疲労の原因となる物質を抑えてくれてトレーニングの継続がしやすくなるという効果があるといわれています。

 

ダイエット中にもメリットがある

ダイエットには脂質を抑えるやり方や炭水化物を抑える方法もあり、特に炭水化物を抑える糖質制限ダイエットなどは確実に体重を落とせるという特徴がありますがトレーニング中のパワーダウンを感じる人も多いと思います。そんな時にこそクレアチンを摂取してもらえば、ただ糖質制限をしながらトレーニングをするよりもパワーダウンは避けられる可能性があります。また、クレアチンを摂取することによって脂肪が燃焼しにくくなるなんてことはありませんので積極的に摂取してもいいかと思います。