COLUMN

食事誘発性熱産生とは?

By 2022年7月22日No Comments

食事をした後、安静にしていても代謝量が増大することを言います。

 

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。

このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます

この代謝の増加を「食事誘発性熱産生」または「特異動的作用」と言います。

 

食事誘発性熱産生でどれくらいのエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。

タンパク質のみを摂取したときは摂取エネルギーの30%

糖質のみの場合は6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。

 

食事をしたあと身体が暖かくなるのは、この食事誘発性熱産生によるものです。

加齢や運動不足で筋肉が衰えると、基礎代謝が低下するだけでなく食事誘発性熱産生も低下します。

逆にトレーニング等で筋肉を増やすと食事誘発性熱産生は高くなるとされています。

 

また、食事の摂り方としてよく嚙まずに飲み込んだり、流動食だけを摂る場合に比べると、よく噛んで食べる方が食事誘発性熱産生は高くなると言われています。

トレーニングをして筋肉を増やすこと、食事はよく噛んで食べること、を意識して行うことで代謝も上がりやすいということです!