COLUMN

筋肉が減っているかも?

By 2022年7月26日No Comments

筋肉痛があるのに更にトレーニングをしている方がたまにいらっしゃいますが、

それはあまり効果的ではないと言われています。

 

なぜかというと、筋肉痛はトレーニング等により何らかの代謝産物があり、それが痛みの受容体を刺激していると考えられます。

そしてこの時、筋肉は回復しきれていない状態にあると考えられます。

筋肉にある程度炎症が残っている状態で、そこに更にトレーニングを加えて炎症を起こしても筋発達の刺激にはなりづらいでしょう。

 

一般的には筋肉痛がある”部位は”トレーニングをしないで休む方が良いです。

 

同じような現象で、筋肉がパンプしない時にも同じことが言えます。

筋肉のパンプとは、トレーニングによって代謝産物ができ、それを薄めるために水分が入ってきて筋肉が膨れるという現象です。

パンプしないとはつまり、トレーニングに身体が反応していないと考えられます。

筋肉痛がある時は筋肉痛ではない部位のトレーニングを行うことをおススメします!